アナログ回路設計、基板設計

ものづくり
得意な技術分野
一般機器:制御技術
経験した職務
その他

アナログとデジタルの混在回路を構築する場合、プリント基板の設計がノイズの低減など性能に関わる事が多く発生します。
新人エンジニアだった頃はプリント基板設計は外注にお願いしていました。しかし、アナログ回路に関してはなかなか基板設計者との意思疎通が難しくイメージ通りの基板を作る事が難しかった。ある時点から回路設計に合わせて基板設計も自分で行うようになりました。問題だったアナログ回路に関して設計時のイメージ通りのパターンを作る事ができる様になりました。
この事によりアナログを含む回路の設計が容易になり、性能も向上したと考えています。

経験

IBC 1990年代後半から2010年代前半

顧問情報

顧問ID:AD-12615

得意な業務領域:ものづくり(電気・情報通信・化学・機械工学)

長年、技術開発と製品化のお手伝いを行ってきました。
主に携わった技術ジャンルは画像処理(リアルタイム系)、RFID(リーダーライターの回路設計など)、無線データ収集、HMD、等があります。
また、技術スキルは処理アルゴリズム構築(画像処理)、アナログ・デジタル回路設計、基板設計、通信プロトコル設計、ファームウェア制作(アッセンブラによるプログラム作成)、基板製作・実装等外注コントロール等があります。前職では新人教育も行いました。
20代に光学式スルーホール検査機を開発しました。この装置は市場の95%を取るヒット商品となりました。
RFIDに関しては90年代に携わりました。長波帯と短波帯のすはにしに関して開発を行いました。大手の装置に組み込まれたものもありました。
2000年代に某大手研究所向けに今で言う所のiotに相当するデータ収集装置を手がけました。2.4GHzの無線マイコンを使い多重化プロトコル等を設計し実装しました。2000年代後半はHMDの為のスキャンコンバータ等の開発を行いました。2眼用にDVIの信号を2つマイクロディスプレイに振り分け(ステレオビジョン)る専用のスキャンコンバータを作りました。
2010年代は画像鮮明化装置の開発と製品化等を行いました。
以上が経験と成果です。宜しくお願いします。

課題解決に導く顧問をご紹介します

経営のプロとして経験を積んだエグゼクティブから、各専門分野で実績を残した実務のプロまで幅広い人材が在籍しております。
顧問紹介リクエストをいただくと、専任アシスタンより課題解決に導く顧問をご紹介いたします。

お電話でのお問い合わせはこちら
顧問活用に関するご相談/お問い合わせ
0120-36-4510
10:00~18:00 土日祝日を除く

条件の近い顧問

ものづくりの関連カテゴリ

注目キーワード
絞り込み検索

顧問登録を検討中の方へ

持っているスキルを活かし、顧問として活躍しませんか?

あなたのスキルを求めてる企業がいます。
東証一部上場企業のエスプールと顧問ライフを始めませんか?

専任のアシスタントが貴方の顧問ライフを徹底サポート。
初めてのご登録でご不安なことがあればお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら
0120-36-4510
10:00~18:00 土日祝日を除く