VLSI設計(システム、全体検証、アナログ、論理回路、レイアウト)

ものづくり
得意な技術分野
電気工学:半導体
経験した職務
研究開発

35年以上のアナログ回路設計、チップ設計分野での経験がある。
経験のある分野は、イメージセンサ、高速メモリおよびSERDES。
 
 さらに、その経験を生かして、EDAツール評価に適したアナログマクロのテストベンチを作成し、
リリースを行った。複数の企業で現在もそのデータが使われている。
作成したアナログマクロは、全てデジタル制御アナログ回路ブロックで、
デルタシグマADC、SERDES/RX,大容量SRAMなどがある。
この開発の際、デジタルブロックでは、VerilogAという機能記述言語を用いた。
また、テスト時に役にたつ多くのVerilogAマクロも作成した。

 また、アナログ回路向きのEDAツールの評価経験もある。
特にアナログ回路の故障検証、ハイシグマ評価ツールの性能検証を行い、
実際の現場の設計者にそれらの情報を提供している。
 最近のシステムLSIの場合、多くの不具合、歩留まり低下は、チップ上に搭載された
アナログ回路ブロックに起因することが多く、それらを適切に正しく予見することは
経営上も極めて重要となる。これらのツールの評価には、アナログ回路設計経験と
EDAツールの経験が両輪として必要であり、若手のエンジニアがGIVE-UPしたものを
引き受けたものである。

 開発経験のある製品、品種について:
イメージセンサ:構内請負いの形ではあるが、 関東S社のイメージセンサ開発を行った。
もっぱら1.2M,2M,3M,5M,8Mのモバイル用イメージセンサの開発に従事した。
3Mのイメージセンサでは開発初期から関わり、仕様設計、内部構成設計から実際のスキャン系の
回路設計までを 行った。さらに、チップレベルシミュレーションを実現するために画素部のCモデルを開発し、
実際にチップレベル シミュレーションを行った。それによって「一発完動賞」をプロジェクトが受賞できた。
5Mのイメージセンサでは高速シリアルデータ出力回路を担当した。
 また、構内請負としては例外的に、S社において私のアイデアの特許出願も行っている。

 メモリ関係:CAM、SDRAM、大容量SRAM、高速低消費電力アーキテクチャー開発
 関西P社中央研究所半導体グループに配属された。
FORTRANで記述されたSPICE回路シミュレータ改良。DRAMセル回路設計。
センス系設計。TEG設計。チップ設計など一通り経験した。
その際、各種のEDAツールの導入も担当した。
導入経験は、レイアウト検証ツール、レイアウト自動生成ツール。など多数。
研究を通じて多くの論文、学会発表、特許出願を行った。
私が成立させた米国特許によってP社は多額のロイヤリティを得ることができた。

 現在は、軸足を半導体からIOTに移行して、「半導体を使う側」に業務が移っている。
フルスタックエンジニアとしてRapidPOC技術開発に従事中。
企画、仕様決め、アナログ、デジタル、ソフトウェア、クラウドまでを通して担当。

 上記の業務を推進する際に、足りない道具は作るというポリシーの元多くのソフトウェアツールを作成してきた。
利用可能言語は、
PERL、C++、VerilogA、Python、PHP PERLによる大容量テキスト処理、OpenCVによる画像処理、
platFormIOなどによるIOTマイコンプログラム開発など。
また、最近のPOCでは必須となる、スマホ対応(Android-Java,NDK)、クラウド(AWS)業務も行っている。

 副業としての「顧問」業としては、上記の現在の業務である「半導体を使う側」と
コンフリクトしない、「半導体を作る側」の業務に携わることを期待している。
 具体的には、
1:会議などを通したアドバイスなど。
2:アプリケーションノートなどの作成
3:特許を含む技術調査と評価、意見具申
4:半導体評価に必要な各種ソフトウェアツールの作成
さらに、PCとEDAツール(サーバー)を貸与していただければ
5:アナログ回路設計、チップレベルシミュレーション検証、レイアウト

経験

パナソニック 17年8か月
その後、請負、派遣を含めて19年間実務。

顧問情報

顧問ID:AD-12662

得意な業務領域:ものづくり(電気・情報通信・化学・機械工学)

35年以上のアナログ回路設計、チップ設計分野での経験がある。
経験のある分野は、イメージセンサ、高速メモリおよびSERDES。
 
 さらに、その経験を生かして、EDAツール評価に適したアナログマクロのテストベンチを作成し、
リリースを行った。複数の企業で現在もそのデータが使われている。
作成したアナログマクロは、全てデジタル制御アナログ回路ブロックで、
デルタシグマADC、SERDES/RX,大容量SRAMなどがある。
この開発の際、デジタルブロックでは、VerilogAという機能記述言語を用いた。
また、テスト時に役にたつ多くのVerilogAマクロも作成した。

 また、アナログ回路向きのEDAツールの評価経験もある。
特にアナログ回路の故障検証、ハイシグマ評価ツールの性能検証を行い、
実際の現場の設計者にそれらの情報を提供している。
 最近のシステムLSIの場合、多くの不具合、歩留まり低下は、チップ上に搭載された
アナログ回路ブロックに起因することが多く、それらを適切に正しく予見することは
経営上も極めて重要となる。これらのツールの評価には、アナログ回路設計経験と
EDAツールの経験が両輪として必要であり、若手のエンジニアがGIVE-UPしたものを
引き受けたものである。

課題解決に導く顧問をご紹介します

経営のプロとして経験を積んだエグゼクティブから、各専門分野で実績を残した実務のプロまで幅広い人材が在籍しております。
顧問紹介リクエストをいただくと、専任アシスタンより課題解決に導く顧問をご紹介いたします。

お電話でのお問い合わせはこちら
顧問活用に関するご相談/お問い合わせ
0120-36-4510
10:00~18:00 土日祝日を除く

ものづくりの関連カテゴリ

注目キーワード
絞り込み検索

顧問登録を検討中の方へ

持っているスキルを活かし、顧問として活躍しませんか?

あなたのスキルを求めてる企業がいます。
東証一部上場企業のエスプールと顧問ライフを始めませんか?

専任のアシスタントが貴方の顧問ライフを徹底サポート。
初めてのご登録でご不安なことがあればお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら
0120-36-4510
10:00~18:00 土日祝日を除く