半導体製造装置にて製品ライフサイクル全体の企画、構築、推進、管理のプロ

ものづくり
得意な技術分野
機械工学:他の特殊機械
経験した職務
製品設計

日本エーエスエム株式会社
ASM International, Plasma product Business Unit 2 (ASM Japan)
2017年7月 ‐ 2019年12月 統括部長, グローバルプロダクトサポート部門
2014年9月 ‐ 2017年07月 部長, プログラムマネージメント部門

職責:
・上長: ASM Japan社長
・担当製品: Plasma enhanced ALD/CVD 装置
・新製品の顧客サイト評価、共同開発プロジェクトの推進 及び新規ビジネス獲得。
・PLM (Product Life Cycle Mgmt.) プロセスに則ったPEALD, CVD 装置・プロセスの各種開発プロジェクト管理・推進
・HVM装置サポートを通じた顧客満足の維持・向上
・製品品質保証、顧客サイトでの不良コストの継続的低減
・装置IQ (Install & Qual.) コスト及びサイクルタイムの目標値維持及び改善
・ワランティコストの目標値維持及び削減

実績:
・ 2017〜2019年 売上 50%増, 粗利 46%増。
・装置1台あたり不良コストを50%低減。
・PEALD機 3種、PECVD機1種の新規プロセス顧客評価完遂。米国、台湾、日本顧客向け量産機へ展開。
・2015−17年 製品製造コストをにて20%低減。
・装置IQ (Install & Qual.) コスト及びサイクルタイムを2017年より3年間連続して目標値達成。
・現地サービス&サポート向け技術トレーニングプログラム確立。60名/2年以上をトレーニング。
・製品設計における品質管理手法をASM社全体で導入。Product Lifecycle 管理, 変更管理, デザインレビュー他。
 全て全社共通のGlobal procedures化、ITシステムに実装。
・多国籍混在チーム61名を統括。ワールドワイドで顧客サポート。 米国、台湾、韓国、中国、欧州、及び日本。

==========
株式会社 日立製作所~日立ハイテクノロジーズ
2008年9月 ‐ 2014年8月 統括主任技師, 半導体製造装置営業統括本部
2004年4月 ‐ 2008年8月 主任技師, 半導体製造装置設計部
1995年4月 ‐ 2004年3月 技師, 半導体製造装置設計部

職責:
・上長: 統括本部長
・担当製品: プラズマドライエッチング装置
・新規製品 コンセプト 企画・立案
・ドライエッチング装置事業のマーケティング及び新規顧客開拓
・新製品・技術のプロモーション 米国及びアジア顧客向け
・プロダクトロードマップ企画・作成
・次世代装置・プラットフォーム企画・立案・開発推進。
・450mm化 開発プログラム企画・推進。G450Cとの協働。
・300mm化 開発プログラム企画・推進。コンセプト及びシステム設計。i300iとの協働。
 ウェハ径拡大に対応する2種の新プラズマ 製品化

実績:
・30mm/450mm世代用新プラットフォーム開発。従来装置比で 装置スループット2倍、フットプリント同等、製造コスト低減。
・300mm版新プラットフォーム適用の新装置を、米国主顧客へ適用。従来装置比2倍の装置売価を実現。
・300mm新プラズマ源搭載のエッチング装置2種を開発・市場投入。
・初の海外デモラボを米国に開設。

==========
株式会社 日立製作所
1982年4月 – 1995年3月 技師, 化学プラント設計部

職責:
・上長: 主任技師
・担当製品: バイオケミカルプラント (医薬品、食品等 生産用 の微生物培養 プラント)
・生物製薬プラント等のシステム設計
・プラントの基本設計として各種フロー設計、技術仕様書、図面 作成/取りまとめ。
・システム設計に関連して、見積もり、顧客・サプライヤ交渉、調達、製造、建設、テスト、スペアその他取りまとめ。
・見積もりから引き渡し までのプロジェクト管理。工程進捗、リソース、リスク、コミュニケーション等。
・プロジェクト(案件)毎の 予算作成、実算、収益管理。

実績:
・10案件以上のバイオケミカルプラントを設計及び完成。日本国内の製薬企業主体。その他に食品、化粧品、 香料業界 の顧客等。
・各案件毎に10-15名程度のエンジニアを統括。

経験

1982-2001年 (19年間):日立製作所 化学プラント設計~半導体製造装置設計部 主任技師
2001-2014年 (13年間):日立ハイテク 半導体製造装置(ドライエッチング)設計部~統括営業本部 統括主任技師
2014-2019年 (05年間):ASM International社 プラズマ成膜(CVD/ALD)装置ビジネスユニット
グローバルプロダクトサポート部門 シニアディレクター

顧問情報

顧問ID:AD-12944

得意な業務領域:ものづくり(電気・情報通信・化学・機械工学)

PLM(Product Lifecycle Management)サポートを提供。製品ライフサイクル全体の企画、構築、
推進、管理を実務含めてサポートします。
=====================
化学プラント設計で13年、半導体製造装置事業で25年、一貫して工業システム製品の[設計]
[市場調査][製品企画][開発プロジェクト管理][品質保証][コスト管理/削減][サプライチェーン管理]
[現地サポート]等の実務を統括。加えて[顧客プロモーション][業界コンソーシアムへの参画]
[業界規格・基準策定][ISO9001取得、CEマーク等コンプライアンス順守]他を経験。
海外企業を主顧客とし、海外サプライヤ、現地法人とのコミュニケーション、連携にも経験を
積んできています。実経験・知見に基づく現実的・実際的なアドバイスの提供に留まらず、
関連する組織の立上げやHands-Onでの実務遂行まで対応します。

== 主な経歴、実績==
1982年:慶応義塾大学卒 1992年:米国University of California, Irvine留学
1982-2001年:日立製作所 化学プラント設計~半導体製造装置設計部 主任技師
2001-2014年:日立ハイテク 半導体製造装置(ドライエッチング)設計部
~統括営業本部 統括主任技師
・エッチング装置向け新プラズマ源2種、新プラットフォーム 開発
・初の海外デモラボ開設@米国
2014-2019年 ASM International社 プラズマ成膜(CVD/ALD)装置ビジネスユニット
グローバルプロダクトサポート部門 シニアディレクター
・多国籍混成のチーム61名を統括し、米国/台湾/韓国/中国/欧州/日本顧客サポート。
・新規プロセス4種 量産展開。
・2015~17年 製品製造コスト20%低減@シンガポール
・2017〜19年 売上 50%増, 粗利46%増、装置1台あたり不良コスト50%低減。

課題解決に導く顧問をご紹介します

経営のプロとして経験を積んだエグゼクティブから、各専門分野で実績を残した実務のプロまで幅広い人材が在籍しております。
顧問紹介リクエストをいただくと、専任アシスタンより課題解決に導く顧問をご紹介いたします。

お電話でのお問い合わせはこちら
顧問活用に関するご相談/お問い合わせ
0120-36-4510
10:00~18:00 土日祝日を除く

ものづくりの関連カテゴリ

注目キーワード
絞り込み検索

顧問登録を検討中の方へ

持っているスキルを活かし、顧問として活躍しませんか?

あなたのスキルを求めてる企業がいます。
東証一部上場企業のエスプールと顧問ライフを始めませんか?

専任のアシスタントが貴方の顧問ライフを徹底サポート。
初めてのご登録でご不安なことがあればお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら
0120-36-4510
10:00~18:00 土日祝日を除く