〇日本のバブル崩壊時に欧州拠点網見直し並びにビジネスモデル再構築

海外進出
対応可能国エリア
ヨーロッパ
業務
海外戦略策定

〇欧州拠点網については、ロンドンをFlagship Officeと位置づけ、Hub and Spokes体制を企図し、ロンドンへの諸機能集約により、欧州大陸拠点の組織縮小と効率化を計画
ー1支店、1現法を閉鎖
ー各拠点の組織・要員を見直しの上、要員削減を実行
ーリストラを受ける欧州大陸拠点に関しては、担当常務並びにロンドン支店長と共に、1つ1つ拠点を回り、納得を得るまで懇切丁寧に計画を説明

〇ビジネスモデルに関しては、収益性の高いビジネスへの注力(プロジェクトファイナンス、大型シンジケートローンの上位ポジションにおける引受、等)を通じて、金利収入からフィー収入に軸足を移動する計画を立案

〇バブル崩壊の中、日系金融機関の信用力が著しく悪化する中で、死活問題である外貨調達に注力
ー中東等キャッシュリッチである金融機関を担当常務が往訪し、face to faceの交渉を地道に実行

経験

〇日本興業銀行本社国際業務部(欧州班)並びに欧州体制検討委員会(ロンドン支店)
(1997年~2000年)
ー日本のバブルが崩壊し、日系金融機関の不良債権問題が悪化しつつあった時期に、経営判断として、まず海外ビジネスから本格的リストラ開始を決定
ーアジア、米州、欧州の3地域中、最初に白羽の矢が立ったのが最も収益性が低く、将来性が細い欧州地域
ーコスト削減と効率化を主眼に、欧州全域の拠点網縮小とビジネスモデル再構築を東京本社国際業務部欧州班在籍中に検討開始
ーその後、ロンドン支店に欧州体制検討委員会を設置の上、同支店に異動となりリストラ案を完成させ、implementationを成功裏に遂行

顧問情報

顧問ID:AD-16448

得意な業務領域:海外進出(事業戦略・貿易・法人設立・法律)

1982年に大学卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行以来、Oxford University(Master Degree in Development Economics修得)への行費留学を含め、一貫して海外畑を歩む。 ロンドン勤務計24年、マドリッド勤務計3年。 2021年6月にみずほ証券ロンドン現地法人副社長を退任の上、みずほを退職。 本社では主に国際本部にて海外拠点管理、ロンドンとマドリッドでは銀行支店の経営企画管理、及び証券現地法人では経営管理(主にミドル、バック業務)、営業推進企画、リストラ立案及び実行、コーポレートガバナンス強化を担当。 Japan Bubble崩壊後の欧州拠点網並びにビジネスモデル再構築、リーマンショック対応では損失処理対応、Brexit対応ではフランクフルトにEU現地法人設立及び立上げ等の重要プロジェクトに主要メンバーとして従事。 直近は2021年6月まで約15年に亘り、みずほロンドン証券現地法人にてBoard Memberとして、CEOの採用、役員報酬改定等も含めBoad Governance強化に貢献。 2003年から約1年半、野村総合研究所にてBCP営業推進の課長として勤務。

課題解決に導く顧問をご紹介します

経営のプロとして経験を積んだエグゼクティブから、各専門分野で実績を残した実務のプロまで幅広い人材が在籍しております。
顧問紹介リクエストをいただくと、専任アシスタンより課題解決に導く顧問をご紹介いたします。

お電話でのお問い合わせはこちら
顧問活用に関するご相談/お問い合わせ
0120-36-4510
10:00~18:00 土日祝日を除く

条件の近い顧問

顧問登録を検討中の方へ

持っているスキルを活かし、顧問として活躍しませんか?

あなたのスキルを求めてる企業がいます。
東証一部上場企業のエスプールと顧問ライフを始めませんか?

専任のアシスタントが貴方の顧問ライフを徹底サポート。
初めてのご登録でご不安なことがあればお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら
0120-36-4510
10:00~18:00 土日祝日を除く