「TPM活動を通した生産効率改善」のページです。
プロフェッショナル人材バンクはビジネスに関する
お悩み解決ポータルサイトです。

CASE STUDYご提案事例詳細

輸送機器部品メーカーTPM活動を通した生産効率改善

pixta_6486338_m

契約期間 稼働頻度

ご相談内容

ご相談者様輸送機器部品メーカー

創業から約50年の老舗輸送機器部品メーカー。創業当初は、プレス加工メーカーとして出発しましたが、現在はパイプ加工がメインとなっています。自動車・二輪車などの輸送機器を中心に、建設機器、家電機器、介護機器、医療機器など様々なシーンで使用されています。近年はパイプ加工にプレス品や切削品をASSYしたユニットでの製品供給が多くなっています。短納期や多品種少量など小回りを効かせたスピードある行動力がセールスポイントです。
課題は、労働生産性の向上です。同社は自動機での生産がメインですが、そのベースとなる生産技術が低迷してます。「まずは何をすべきか」といった全体計画の策定や生産技術教育も不十分な状況にあるものの、現場責任者だけでは進められそうにありません。
TPM活動などの生産効率改善を進め、社内の生産性をUPすることが究極目標であります。その際、同社のコアになる設備・金型の部分もポイントになると考えてます。製造部門は、パイプ加工、プレス加工、板金・組立、マシン加工に分かれています。
探している顧問のイメージはTPM活動などの生産効率改善経験を持ち、メカトロ部分となる機械設計・制作への技術理解がある方にご指導いただきたい。具体的には、油圧・空圧の制御(シーケンス)の部分や、プレス金型・治工具設計・制作といった部分になると考えられています。輸送機器部品の経験があると尚可。

顧問からの提案

担当顧問元 キヤノン 定石担当部長

【提案】
生産工程管理並びに原価管理、そして調達納期管理、品質管理(外注指導も含めて)に関して、工場長様とご一緒に以下の項目で改善に取組ませて頂ければと存じます。

1)原価構成を見させて頂き、何処に改善の余地があるかを把握させて頂きたいと思います。
→想定ですが、加工部品等を調達して社内では溶接等の組立工程が主体と思われます。
→調達品の品質、コストが原価に占める割合が多い場合は、外注政策、指導がキーになると思われますので外注の分析と対応策をご一緒に検討出来ればと思っております。
→品質責任者として外注指導を行い、品質問題発生を1/3に削減をした経験がお役にたてるのではと思っております。

2)勿論、社内工程も重要であり、組立手法、工程の流れ、工程在庫金額も把握し検討したいと思います。
→組立もセル生産的に一人が全てを行う多能工方式が良いのか吟味したいと思います。
→工程内在庫は、経営的に資金を寝かすことになり如何に少なくするかが大切です。工程内仕掛かり如何に最短にするかを一緒に検討して参りたいと思っております。

3) 社内工程のムダ取り(目的に合ったもののみを残す)の手法もご提案出来ればと思っております。
→社員一人一人が作業の個々の究極の目的が何かを考えることで、素晴らしい改善が出来きるものと思っております。トヨタさんで学び、職場で実践し来た改善手法をご一緒に展開出来ればと思います。

4)現場の物作りの視点での設計に対するコストダウン(VE)提案が原価削減に大きく寄与します。生産技術屋の経験も活かし、御社の技術を把握した上でその視点も忘れずに一緒に考えて行きたいと思っております。

【顧問の強み】
会社人生後半にオーダーメイド生産装置の事業企画、品質の責任者として関わって来た経験がお役に立てるのではないかと思っております。ホームページ情報、生産要員数規模から、SUS溶接技術を主体とした組立工程が中心で、原価的には購入品がかなり占めている構造ではないかと推察されました。調達品コスト並びに品質管理、多品種少量生産の工程管理手法、そして原価管理等でご提案が出来ます。長年、生産合理化、作業改善(トヨタ流改善手法)を実践して参りましたので、作業改善に関してもご支援可能です。経営企画の経験も活かし、経営の視点でご提案出来ればと思っております。

吹き出しのアイコンお客様からのご意見・ご感想

この課題のご相談・ご提案例

お悩みの方はお気軽にご相談ください

無料資料ダウンロードより、在籍中の顧問のデータ・今までの顧問導入事例がご覧いただけます。
顧問派遣・有資格者紹介をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

電話アイコン
お電話でのお問い合わせ電話番号0120-36-4510平日 9:00~18:00

TOPに戻るボタン